助産師転職サイトで助産師になろう!

助産師の活躍の場は幅広いね!

助産師転職サイトで助産師になろう!



助産師の就職先というと、真っ先に思い浮かぶのが産院や総合病院の産科、 助産院などですよね。

昔は日本でも「出産は助産院」という時代があり、多くの方が助産師の 手を借りて出産を行ってきましたが、産褥死などのリスクを軽減させること を目的として、産婦人科での出産が推奨されたこともあり、昭和後期以降、 病院や産院での出産を選択する人がほとんどとなりました。

こういった背景から、一時は助産院の存在が薄くなる時代が続きましたが、 最近はまた、助産院での出産に注目が集まってきています。その理由として、 産院や産科の著しい減少という問題が挙げられます。

近年、出産に関わる訴訟が急増したこともあり、訴訟リスクを軽減・ 回避するために、産院・産科の廃止が急ピッチで進められてきています。

中には、一つの大規模地方都市に、産科が一カ所しかないという異常事態が 起きているケースまであり、出産を控えた妊婦さんが、出産する場がないと 不安を抱えることも増えてきています。

そういった不安や悩みを持つ多くの妊婦さんの受け皿として注目されている のが、助産師が出産の手助けをしてくれる助産院なのです。

こういった現状もあって、少しずつではありますが助産院が増えてきており、 産院や産科の閉鎖によって働く場を失った助産師が活躍できる場も広がって きています。

最近では、出産にまつわる訴訟や裁判のリスク回避として、産科や産院を 閉鎖してしまうという方法を採るのではなく、出産に関する専門家である ベテランの助産師を迎えて、リスク自体を下げる努力を行う医療施設も 徐々に増加してきています。

このように、助産師の活躍の場は想像以上に広がりを見せており、 助産師の需要も高まってきています。そのため、看護師から助産師へ ステップアップをしても、比較的スムーズに転職できる環境が整ってきて いると考えて良いでしょう。

最近は、看護師から助産師への転身をサポートする助産師転職サイトの支援サービスなどもありますので、こういったサービスをチェックしてみるのもおすすめです。

助産師が選ぶべき転職サイトを見分けるポイント

助産師の方で転職を考えている方の中には、転職サイトを利用する方も多いと思います。最近は様々な転職サイトがあり、それ ぞれの転職サイトで特徴も異なります。助産師の方が利用する転職サイトを決める時のポイントのまず一つめは求人数の多さ です。

求人数はトータルの求人数が多くても助産師向けの求人が多くなければあまり意味がないという事にもなってしまいます。 最近は医療系求人に特化したサイトがありますがこうしたサイトでは助産師の求人も豊富な傾向にあります。

次に信頼性です。信頼性は大きく二つのポイントがあります。まずは大手かどうかという事です。大手の企業が運営している 転職サイトはそれだけ信頼性も高く、求人数も多いのに加えて転職に関するノウハウも豊富に蓄積しているため、サポートの 体制が充実しています。

また、プライバシーマークと呼ばれるマークがあるサイトもポイントになります。転職は職場の方に ばれずに行いたいという方も多く、プライバシーマークの付いた転職サイトはより安全と言えます。

また、アドバイザーの質にも注目しておきましょう。大手のサイトでは転職を希望する方も多いため、一人一人へのサポートは なるべくしっかり行うように努めていると思いますが、やはり少し薄くなってしまう綿もあります。

中小の転職サイトでは知名度 や求人数では少し劣る面はありますが、小回りの利いたサポートがメリットです。また、医療系の転職サイトでは業界の事情を よく分かっている方も多く、より助産師の方の状況に合わせたアドバイスが可能な場合も多いです。

最後に転職お祝い金が出る転職サイトもあります。そのサイトから紹介された求人に応募し、採用と入社が決まると転職サイト からお祝い金がもらえるというサービスです。

キャンペーンとして行われているのが一般的で、十万円ほどの小さくない額が お祝い金としてもらえます。口コミで人気が広まる事を狙っているキャンペーンとなっています。お祝い金を目当てに転職を する事は本末転倒でお勧めできませんが、希望の求人でお祝い金が頂けるのは大きなメリットです。

助産師の転職の際にお勧めの転職サイト

助産師の方が転職を検討する時に役に立つのが転職サイトです。最近は転職も一般的になっており、助産師の方も 多くの方が転職の経験があります。特に助産師は女性の方だけがなる事ができますが、女性は結婚や出産などの タイミングで仕事を退職するという方も多いです。

また、こうした事情により休職していた方が再度仕事に復帰 したいと考えるケースもあります。このため助産師業界も転職は比較的一般的になっています。

転職サイトには様々なサイトがありますが、最近増えているサイトに医療系求人に特化したサイトがあります。この 転職サイトでは医師や薬剤師、看護師、助産師など、医療系の求人に絞って掲載しているため、助産師向けの求人も 数多く揃っています。

もちろん一般的な総合転職サイトでも探す事ができますが、特化している分助産師の仕事は 特化型サイトの方が探しやすい場合もあります。両方を併用すると良いでしょう。

また、転職サイトは検索型とエージェント型という大きく二種類に分かれます。検索型サイトでは求人が多く掲載 されており、応募は転職したい方自身が自分で行います。エージェント型サイトでは担当のアドバイザーという方が 付き、求人の紹介をしてくれる他、転職についてのアドバイスも行ってくれます。

最近はこのエージェント型サイト が主流になっています。利用は無料で、やはりアドバイスがもらえるメリットは大きく、転職もしやすいと言えます。

そのため助産師の方が仕事を探す際は医療系と総合系の転職サイトでエージェント型のサイトを利用していくのが お勧めです。検索型も仕事が探しやすいというメリットはあるので、登録して情報収集していくのに利用しても良い でしょう。転職活動は慣れない事も多く、助産師は特に勤務形態などが気になる方も多くいます。こうした希望も アドバイザーの方に相談すると、それを考慮して求人を紹介してくれるため、理想の求人が見つかりやすくなります。