病棟で勤務する<ある助産師の一日>

助産師の仕事はこんな感じです

病棟で勤務する<ある助産師の一日>

助産師の大雑把な1日の仕事の流れはありますがお産は何時に始まるか 判りません。毎日臨機応に対応しなければなりません。 一旦お産が始まっても全体の業務に支障を来さないようにしなければ なりません。

病棟では「出産直後のお母さんの産後指導担当の勤務」「新生児の お世話担当の勤務」「いつでもお産に立ち会えるお産担当の勤務」と 役割分担をして準備しているケースもあるようです。 今回は、病棟で勤務する<ある助産師の一日>を追ってみました。

出勤したら、まずは「申し送り」がありますが、ここでは病棟全体の 様子と予想できる範囲内での今日の予定を把握します。 「昨日出産した人や新生児の様子はどうか」「夜間に出産はなかったか」 「今現在陣痛が起こり出産間近な人はいるか」「その他の検査は何があるか」 ……などです。

そして、その日の受持業務につきますが出産介助担当の場合で陣痛の 兆候がみられる人がいたら「陣痛の間隔」「妊婦さんの様子」 「胎児の心拍」をチェックします。
妊婦さんを励まし出産を正常に迎えられるための情報収集を行います。

曜日によって異なりますが、午後からは出産直後のお母さんに対する 「授乳指導」「沐浴指導」「新生児栄養指導」「退院後の育児に関する指導」 を行います。 外来では出産を控えている妊婦さんに対して「出産に関する心構えや準備」 「妊娠中の過ごし方」をアドバイスする<母親学級>を開催します。

こうしている間にも自宅で破水して緊急で病院を訪れる妊婦さんがいたり、 入院中の妊婦さんの陣痛が始まったりするケースもあります。 そういった場合は、すぐに出産準備に入ります。

お母さんの負担も少なく短い陣痛で生まれてくる場合もあるし、 何時間も長い陣痛の末生まれてくる場合もあります。 当然ですが昼間の勤務中に生まれないケースもたくさんあります。

その場合は、夜勤の助産師や看護師、当直の医師に引き継ぐことになります。

以上、病棟で勤務する<ある助産師の一日>を追ってみました。 妊婦さんが、どの医師、どの助産師の下でいつでも安心してお産ができる ように万全を期した申し送りが大切になります。