看護師から助産師へのスキルアップ

助産師はやりがいのある素晴らしいお仕事です

看護師から助産師へのスキルアップ

産院や病院など医療施設の産科や助産院が助産師の活躍の場になります。 かつては大部分の出産が助産院で行われていました。 しかし必ずしも正常分娩だけではなくなったのです。 救急医療が充実した病院が増加したことを背景に病院や産院で出産する ことを選択するケースが増えたのです。

ここでは、看護師から助産師へのスキルアップについて考えてみたいと 思います。

一時期は助産院の存在が薄くなってしまう時代もありました。 けれども近頃では「出産に関する訴訟を起こす人たちが増える」傾向が でてきています。

こういったリスクを避けるために「産院を廃院にする」「産科をなくす」 という病院が続出して大きな社会問題になったのです。 近頃では「出産する場がない」という状況になり再び助産院が脚光を 浴びるようになりました。

助産師の仕事は、人間の生命の誕生に深く関わるという他の業種には ない特異性があります。そういった神秘性に惹かれて助産師を目指す 人たちは、とても多いように聞きます。

助産師を目指す場合には看護師資格を取得しておけばスムーズである メリットを活かして看護師が助産師にスキルアップして転職するケース も増えてきているようです。

看護師の臨床現場のイメージは、仕事内容がとてもハードでのんびりと 構えて仕事ができる印象はないと思います。秒単位の時間で働く素早さ が求められるという緊迫したシーンが浮かびます。

だから看護師の中でも多くの人たちは、その仕事のハードさに体力的 にも精神的にも限界を超えてしまい、退職や転職を余儀なくされ、 より一層看護師不足が加速されて大きな社会問題になっています。

それに比べて助産師は基本的には「出産を気長に待つ」という仕事です から、正反対の看護師にとっては転職してみたい大きな魅力があるよう です。

当然、これまでの看護師としての知識も経験も活かせますから、 1から教えてもらうようなことはありません。 こういったことから看護師から助産師へ挑戦する人たちが少しずつ 増えてきているのです。

以上、看護師から助産師へのスキルアップについて考えてみました。 看護師不足もさることならが助産師はもっと不足していますから転職も スムーズに進むでしょう。