公務員助産師の現状

公務員助産師の待遇や求人の見つけ方

公務員助産師の現状

公務員助産師とは、主に国立病院や公立病院などに採用された助産師さん のことを指します。看護師同様、助産師の場合も国立病院や公立病院では 地方公務員としての採用となります。

しかしながら、この数年、国立病院や公立病院では独立行政法人化が進んで おり、公務員待遇の助産師求人数が現状傾向にあるのは事実です。

ただ、行政機関の健康課や児童家庭課による助産師求人というものがあり、 これらの案件の場合、公務員待遇での採用となるケースも見受けられます。

これらの求人は、行政や保健サービスとして、乳幼児や産婦に対する 定期検診・家庭訪問に携わる助産師を公募するもので、民間サービスとは 一線を画すものとなっています。

これらの求人内容は、行政に関わる助産指導員として各家庭を訪問し、 赤ちゃんの身体測定や発育・発達に関するチェック、哺乳・排泄・育児 に関する悩みに対する相談、産婦の育児への不安解消、指導・アドバイス などの業務を行うといったものとなります。

このような行政による保健サービスの職務に携わることになるため、 公務員待遇での採用となるケースが見られるという訳ですね。

公務員助産師というと、以前は「国立病院や公立病院で働く助産師」と いう括りが一般的でしたが、最近では地域における広域サポートや、 訪問による個別の行政サービス指導員といった形での働き方があり、 活躍の場も採用経路も多様になってきています。

但し、こういった形で採用される公務員助産師は、国立病院や公立病院で 働く助産師よりも絶対数が少なく、求人自体が非常に少ないというのが 現実です。

その上、このタイプの公務員助産師の求人は採用時期が決まっておらず、 突発的に案件が出てくるという傾向にあるため、いわゆる「稀有案件」 の一つとなっています。

そのため、公務員助産師としての働き方を望む場合は、なによりも貴重 な求人情報を取りこぼさないことが重要となります。

公務員助産師を目指す方は、日頃から医療系の求人サイトをチェックしたり、看護師・ 助産師専門の転職支援サービスを利用するなどして、情報収集に力を 入れることをおすすめします。