助産師の将来と現状

助産師の将来性はどう?

助産師の将来と現状

ここ数10年、出産に関連する訴訟の数が劇的に増えたこともあり産科の 閉鎖が相次いでいるようです。私が住んでいる地域でも産科が減ってきて います。

この状況が意味することは「出産する場所が少なくなってきている」こと です。

今の世の中は産科医そのものが少なくなり助産師が求められているように なっています。そういった観点からみると助産師の将来性はとても明るい でしょう。

ここでは、助産師の将来と現状について考えてみたいと思います。

大規模な病院などの医療機関では、まだまだ産科医が活躍しています。 一般の産科病院がどんどん閉鎖されるのと平行して大規模な病院に 妊婦が集中しているのが原因です。

このために大規模な病院の産科では助産師の募集に力を入れているの ですが、なかなか思うように人材が集まらず内診などの業務に支障が 出てきています。

こういった状況の中で違法という認識がありながら看護師が内診業務を 担当し、これも起訴される要因になっているのです。

法律では「助産行為は医師と助産師しかできない」と定められています。 けれども実際の出産になると「助産師ではなく医師が行う」ケースが 常態化しており、助産師が元来メインとしている役割を果たせていない という現実もあります。

こういった現実に意欲をなくしてしまった助産師は仕事を辞めてしまい、 実際に活躍している助産師数は極端に少なくなり事態はより一層深刻化 しています。

一般病院ではなく産科専門病院に目を移すと「助産師はとても活躍 できている」という声があります。

助産師の国家資格をせっかく取得したところで、活躍できる場がなければ 資格を持っていないのと変わりありません。職場探しをサポートして くれる転職支援サービスを利用する助産師が増えてきています。

助産師の資格を充分に活かせる転職を独自のネットワークを駆使して 探し出し無料で提案してくれます。

あなたが希望している条件が揃うことは当然で、高い待遇や職場環境など 求人票では見えない部分も徹底調査してくれます。 安心して転職支援を任せられるのです。助産師と採用されたにも関わらず、 担当業務は内診ばかり……という職場も実際にはあると聞きます。

以上、助産師の将来と現状について考えてみました。 助産行為ができるから助産師であり、それが助産師の一番大きな仕事で あると思います。